あおぞら浅草クリニック | なんでも相談できる内科クリニック

当院について

  • 診療方針

困った症状がなくても、まずはご相談下さい

 

浅草にできた新しい内科クリニックです。

どなた様にもまずはお気軽にお立ち寄りいただきたいと

あおぞらのような気持ちで、職員一同お待ちしています。

なんでも相談できるゴキゲンな町医者を目指します!


  • 院長挨拶・プロフィール

院長 松井稔

昭和39年2月10日島根県生まれです。

京都大学医学部を卒業後、神戸市立中央市民病院で内科研修をしました。

その後17年間は基礎医学の研究をし、医学者として働きました。

勤務地は、京都大学ウイルス研究所、東京大学薬学部、東京大学医科学研究所、米国ダートマス大学です。

さらに

銚子市立総合病院や国保成東病院で、地域医療

東京西徳洲会病院や四街道徳洲会病院で、救急医療

ふれあい東戸塚ホスピタルで、リハビリ医療、高齢者医療、終末期医療

に奮闘しました。

上記の経歴のとおり

医学、医療の様々な領域を一回りした感もあったのですが

地域に密着したクリニック運営をしてみたい!という思いが強くなってきました。

そこで一念発起、令和2年4月より

当地浅草にてクリニック院長を務めます。

モットーは「困った人に寄り添う」です!


  • 松井院長出演 2009年3月10日放送 ガイアの夜明け 絆拡大スペシャル “命の絆”を再生せよ崩壊寸前“地域医療”を追う

  • 施設紹介

待合室には写真や絵画等を掲示するためのピクチャーレールを設けました。皆様の作品を預かれるなら展示させていただきます。ただし、スペースには限りがあります。また、盗難や破損等にリスクはお引き受け下さい。

待合室からは4つの扉が見えます。1番が院長の診察室です。2番は予備の診察室で、車椅子の患者さんをお迎えしたり、看護師がお話しを聞いたりします。3番は男女兼用トイレです。4番の奥はレントゲン撮影や点滴のためのスペースです。

1番診察室の患者様用の椅子は、リラックスできるように、背もたれのあるものを2つご用意しています。院長と向き合える左側の椅子にどうぞお座り下さい。右側の椅子は手荷物を置いたり、付き添いの方が座ったりするためのものです。

TOPへ